NAHAマラソン過去3回出場したわけですが、回を増すごとに、どんどん面白く、楽しくなるのです。

その魅力は何なのか?

昨年のマラソンを振り返りつつお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

仲間との再会

NAHAマラソンと言えば、いまや抽選で当選した人しか走れない全国でも人気のマラソンです。

しかし、NAHAマラソンにはリピーターがたくさんいます。それはなぜか?沖縄という地での「再会」をみなさん楽しみにしているのではないでしょうか?私自身も、一昨年走り、昨年も走ることができました。走りたいと思った理由、それは、1年前に会った仲間に再会したいという思いでした。今年も、たくさんの仲間に再会できました。

昨年一緒に走った仲間と再会できたことが何よりも、「走る原動力」になったと思います。

前の日だけどお酒もOK

県外の仲間は、必ず前日に那覇入りします。ゼッケンとらないといけないことはもちろんですが、それだけではなく、やはり仲間との再会を楽しみに、前夜祭で盛り上がります。

記録を狙う人は、お酒を控える方もいるのですが、、ちょっとのお酒は明日の英気!(ほんとかな??)「明日頑張ろう!」と皆で誓い合うと、なんだか完走できそうな気持ちになれたのは間違いありません。

気温に慣れれば快適

時間に余裕のある方は、早い時間にゼッケンをもらいに行き、そのまま、会場である奥武山公園のランニングコースを軽く走るといいです。

マラソンが行われる頃の沖縄の気温は、20度はあります。寒い地方から来た人は身体がビックリしてしまうと思います。12月に汗をかくなんて、素敵です。

軽く走って、どのくらい汗をかくかなど知っておくといいと思います。

サンタになる

2015年は、前日の12月5日、北谷エリアで、サンタのコスプレで走る「サンタラン」というイベントも開催されていました。

せっかく沖縄に来たのであれば、今年は、イベントのチェックなども事前にチェックして、県外の方は、沖縄に飛ぶ日時を決めることをお勧めします。

nahasanta

天気の変化も体験できる

2015年のNAHAマラソン、前日まで、雨の予報でした。

当日、スタートの段階では晴れ、1時間ほどで空が曇りだす、4時間ほどしたら、雨が降り出し、途中場所によっては土砂降りといった感じでした。沖縄の天気は変わりやすいので、極力軽装で走りたい気持ちはわかりますが、もしも天気予報が雨かもしれないといった予報が出ていたのであれば、透明の特大ビニール袋は持っておいた方がいいです。たった数時間でここまで天気が急変するのは、沖縄くらいではないかと思います。

逆に楽しむしかありません。

コスプレは目立つ

NAHAマラソンは、当日テレビ放送がされ、数週間後に総集編の放送がされます。

さらに、写真も販売されます。目立ってなんぼです。思いきってコスプレしましょう。テレビに映る確率も高くなりますし、国際通りを大勢が駆け抜けている写真でも、自分が見つけやすくなります。分かりやすいコスプレだと、沿道からの応援もピンポイントでしてもらえます。自分だけに送られる声援は、とても励みになります。逆に応援する側の方もコスプレしていただけると、ランナーから見つけやすいです。

nahakosupurenahakosupure1

カメラマンチェック

テレビ中継のためのカメラマン、そして、大会後に販売される写真を映しているカメラマンがあちこちにいます。

カメラマンを発見したら、やはり、目線だけでなく、ポーズをとってください。ゴールの会場に設置された巨大ビジョンで生放送されているので、ゴールで待っている家族、仲間もみてくれるかもしれません。

スタート時の声援を目いっぱいもらう

スタート時から国際通り一番沿道からの声援が多いポイントだと思います。2015年を振り返ると、スタートの場所には、ゆるキャラ、著名な方がいます。スターターはスリムクラブさんでした。

国際通りを通過するまでは、四方八方に地元の方や、観光客がたくさんいます。パワーをいっぱいもらってください。

NAHAマラソンスターター

いろんなものを食べまくる

私は、サブ4を狙うガチンコランナーではなく、お気楽なランナーです。今回はコスプレして、いろんなものを食するマラソンがしたいと、5時間台での完走を目指しました。昨年走り、今回事前に入手していた情報は、ハーフ過ぎたところの沖縄そば牛丼沖縄ぜんざいなどです。ですが、今回はさらにレパートリーが増えていたようです。

私が、食したのは、サータアンダギーフルーツ黒糖はもちろんのこと、沖縄そばおにぎりソーメンスープ…結構食べました。沖縄そばは、売り切れてしまうので、配布されるハーフ過ぎまでは、真剣に走らないとありつけません。その他、仲間に聞いたところによると、ケーキなどもあったようですし、ビール飲んでたおじいからビール渡されたそうです。

NAHAマラソン食事

YMCAの応援

定番になっています。走りながら皆でYMCA。とっても楽しいです。余裕がある方は、YMCAのフレーズが流れるまで、ちょっとストレッチして待機がお勧めです。

ハイタッチをもらう

途中、沿道で応援してくれる人がハイタッチを求めてきます。特にゴールに近い地点では、学生がズラリと並んで手を出しています。連続ハイタッチは「もうすぐゴールだ、頑張ろう!」とパワーをもらえます。

もちろん、途中でも、ハイタッチを求めてくれている人がたくさんいますのでたくさんハイタッチしてくださいね。

NAHAマラソン応援

ゴール後のお楽しみ

ゴール後、仲間にどうしているかと聞いたところ・・・。マッサージ温泉酸素カプセルといろんな過ごし方を教えてくれました。那覇市内には、マッサージ店がたくさんあります。どのくらいで完走できるかを計算したうえで、マッサージ店を予約しておくのはいいと思います。

その日のうちに疲れをとらないと・・・次の日、階段が降りられなくなります・・・。

打ち上げを楽しむ

日曜日開催のNAHAマラソン。終わって18時台の飛行機で帰ってしまう県外の人もいます。せっかくならもう一泊して、那覇市内で、打ち上げをしたいものです。その際には、メダルを持っていると、きっとお店によってはサービスしてくれます

NAHAマラソン出場者の声

NAHAマラソン入山
Iさん
10年連続のメダルを獲得。実は、Iさんはヘルニアという持病をもっています。ですが、大会に連続出場し続け、さらに完走し続けることができるその理由を尋ねたところ、那覇で友人との再会が待っている、そしてみんなが応援してくれるからだそうです。

また今年お会いしましょう。

Mさん
NAHAマラソン出場する理由は、沖縄観光、沖縄グルメを毎回満喫できる、そしてなにより昨年も一緒に走った友人たちとの再会が楽しみだそうです。

おきなわマラソンも楽しもう

12月開催のNAHAマラソンにはまってしまった方は、ぜひ、2月開催のおきなわマラソンも参加してみてはいかがでしょうか?

沖縄の中部を駆け抜けるマラソンなので、海沿いを走るNAHAマラソンとはまた楽しみが違います。魅力的なのは、米軍基地内を走れることです。アメリカ人の高いテンションの応援で、ノリノリで走れると思います。

テンションあがった矢先、そこからの上り坂がなんともツライです。体力も落ちるのに、脚も上がらないという・・・。NAHAマラソンのように前半が上り坂のほうが走りやすいと思うのですが、やはりおきなわマラソンにはおきなわマラソンの魅力があるので、ぜひエントリーしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

私のNAHAマラソンの感想は、多くの新しい仲間が出来たこと、日ごろ会えない仲間とも、再会できたことです。沿道のパフォーマンス、応援、食を楽しみながら走るので、42.195キロという距離が楽しく完走できるのではないかと思います。

楽しく完走するコツも紹介しています。

▶ NAHAマラソンを楽しく完走するコツ