青の洞窟 シュノーケリング
編集部
観光客に人気の恩納村にある「青の洞窟」あまりの人気に、「青の洞窟渋滞」というのが起きてしまうほど。

せっかくなら行く前にどう楽しめるのか知っておきたい!

という人のために、恩納村のマリンショップの方に、楽しみ方を聞いてみました。天候が悪い時、予約はどうなるの?そんな疑問にもお答えいただきました。

編集部
マハエさん今日はよろしくお願いします。 
マハエ
よろしくお願いします。
編集部
ちなみに、マハエさんは、1年間にどのくらい青の洞窟ツアーを開催しているのですか? 
マハエ

青の洞窟ツアーの開催回数ですが、回数は数えたことはございませんが年間18000名様のご案内はしております。

編集部
18000人ということですか?
マハエ
はい。ですので、平均3名様のグループとして6000組すなわち1年間に6000回の青の洞窟案内回数になるかと思います。

編集部
ひぇ~~~~~~~~~~っ!年間6000回ですか?驚きました。どうぞよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

いつがおすすめ?

編集部
恩納村の青の洞窟に行こうと思いますがいつがおすすめですか?

という質問が来ていますが、教えていただけますか?

マハエ
沖縄では10月中旬位まで夏のような気候ですので普通にシュノーケルが楽しんでいただけます。

 

何時に予約するのがおすすめ?

編集部
何時に予約するのがおすすめですか?

何時に青の洞窟に行けばいいですか?という意味です。少し分かりにくかったですね。

マハエ
はい、時間帯によって海の透明度・洞窟の青さに大差はないですが、朝いちばんの洞窟の青さがより澄んだ青に感じます。

混雑の度合いはやはり人気の10時・13時は混雑します。

一番混雑の少ないお時間は朝の7時で、次いで16時も少なめです。朝7時に関しては、ツアーを開催されているショップが少ないので圧倒的に混雑は解消されます。また日没は19時前後ですので16時開催でも充分楽しめます。

 

お魚のえさやりができる?できない?

魚のえさやり

編集部
お魚にえさやりをしたいのですができますか? 

マハエ
ショップによっては餌付け出来るショップ出来ないショップがあります。なので予約の際に確認した方が良いと思います。

ダイビングとシュノーケリングはどちらがいい?

編集部
ダイビングとシュノーケリングはどちらがおすすめですか?
マハエ
それぞれの楽しみ方があります。

シュノーケルは気軽に身軽に自由度が高く水中を楽しめます。

ダイビングではシュノーケルほど自由度は高くないですがより魚に近づけます。しかし、洞窟内部の光る青い水面が混雑していますのでダイビングでは浮上してまで青い水面を見ることは出来ないショップがほとんどです。

 

青の洞窟4魚アップ

360度カメラで遊びました。

写真撮影のスポットは?

編集部
青の洞窟のおすすめの撮影スポットはどこでしょうか?

マハエ
青の洞窟内での光る青い水面がメインの撮影スポットになります。但し、写真に慣れた方でないと青い水面も人も両方綺麗に移すのは至難のワザです。

 

青の洞窟3

 

もしも曇りだったり雨が降っていたらどうなるの?

編集部
もしも曇りだったり雨が降っていたらどうなるのでしょうか?
マハエ
通常は雨天でもツアーは開催いたします。曇りや雨でも青の洞窟の青さや透明度に影響はございませんのでご安心ください。

 

波が高かったらどうなるの?

編集部
波が高かったらどうなるの?そんな質問が来ていますが・・・

ショップによりまちまちですが、ネイチャーサービスマハエさんでは、次のような対応をしているそうです。

マハエ
晴天でも真栄田(マエダ)岬の海洋状況が悪い場合(台風や海が大しけの場合)は、沖縄県委託の真栄田岬管理会社の判断で遊泳禁止となりビーチ入り口が完全に閉鎖されてしまいます。

その際、3つの選択肢があります。

  1. ビーチがクローズでもボートが出航できる場合に限り、ボートで行く青の洞窟シュノーケルコースに変更可能です。コース変更時は乗船料をお一人様プラス1000円でボートで行く青の洞窟シュノーケルコースをご提供させて いただきます。
  2. 代替コース(青の展望台&白のビーチシュノーケル)にて開催できます。
  3. キャンセル(この場合のキャンセル料は一切発生いたしません。)

ご登録いただいた携帯電話に前日もしくは当日の朝にお電話させて頂きご相談させていただきます。

編集部
ネイチャーサービスマハエの木下社長、ありがとうございました。また、SUPをしにうかがいます。 

まとめ

私たちは、朝一番に行ったので、青の洞窟を独占できました。

通常ですと、入り口に入るのも渋滞、写真を撮ろうと思ってももしかしたら、他の観光客が映ってしまうかもしれません。しかし、海の色は写真や映像でお伝えした通り、肉眼だとそれ以上です。ぜひ行きたくなった方はおすすめの時間帯に「青の洞窟ツアー」へ行ってみてください。

取材協力 : 青の洞窟・シュノーケル専門ネイチャーサービスマハエ