1. TOP
  2. 【沖縄のお金事情】移住の前に理解しよう!

【沖縄のお金事情】移住の前に理解しよう!

沖縄のお金事情
LINEで送る
Pocket

青い海に白い砂浜。澄んだ空に、青々と茂る熱帯樹林。のんびりとした時間の流れに穏やかな人々・・・あ〜楽園のよう・・・♡

でも、いざ生活となるとそんなこと言っていられない!?

沖縄での移住生活を「あれ?思っていたのと違う・・・?」なんてならないようにする為に基本の基本、お金に関してのお話です。

沖縄移住を考えている方はご一読ください!

先に記載させていただきますが、移住を止めろとか批判をするために書くわけではございません。

ただ、現在移住された方の7割程度が上手く感覚のすり合わせができずに本州へと帰ってしまうという事実もあります。その最たるが「金銭面」ということですので、今回は沖縄のお金事情をお伝えさせていただきます。

素晴らしい移住ライフを送るためにも、参考にしていただけると幸いです。

沖縄県の平均月収は?

平均時給

言わずと知れたことかもしれませんが、沖縄の時給(月収)は決して高くはありません。

私が最初沖縄に移住してきた6年前(2011年)は時給685円でした。それに比べると現在は少し改善されましたが、2018年10月発表時点で714円です。

これは宮崎と同じく全国最下位の時給となります。

もし最低賃金にて働いた場合、1日8時間×週5日勤務だった場合でも714×8h×22(月の平均出勤)=125.664円

また、沖縄は未だ交通費支給や福利厚生がつくところが少ないため、その分を差し引くとさらに手取りは下がってしまいます。

正社員の場合、統計上は、男性が約19.5000円、女性が約160.000円となっておりますが…統計はあくまで平均値です。

そして、やはり那覇での会社勤めや、サラリーマン、また建築関係の方々のお給料は群を抜いています。

しかし、移住者に人気の、北谷町・読谷村・恩納村などの月収は、男性が約160.000円、女性が約145.000円が平均といってもいいでしょう。

180.000円ほど月にいただいていると、「いいはず~」と言われること間違いなし!なのです。

「いいはず〜」は結構もらってるね!みたいなイメージですね。少し少なくて驚かれましたか?

沖縄県で高額収入職種は?

高額職種

一般的に沖縄で高収入だといわれている仕事は、テレフォンオペレーターコールセンターシステムエンジニア土建関係のお仕事にウェデイング関係のお仕事だといわれています。

但し、ウェデイング関係のお仕事に関しては部署によってピンキリのようです。

あとはやはり、本土から進出してきている会社の事務や営業でしょうか。しかし、こういった会社は那覇に集中している傾向にあります。

上記に挙げた、移住者に人気の、北谷町・読谷村・恩納村・宜野座村から通えないことはないのですが、沖縄は超車社会。出勤時間の渋滞は避けられません。

ということは…ちょっと通うには?という方も…ということになります。

職種や時間帯にこだわりがなければ、下記のお仕事も高時給バイトです。

  • 介護士(夜勤あり)
  • 観光地のコンビニ(シフトによっては夜勤あり・夏は大忙し)
  • 観光地のドラッグストア(海外の方の対応あり)
  • 観光地居酒屋(季節によって給料にバラつきのあるところがあります)
  • 基地周辺の飲食店やバー(英語をある程度聞き取る能力が必要)
  • コールセンター(うるま市や名護にも点在します。)
  • 大手ホテル(あくまで大手です。こちらも部署によってかなり給料に開きがあります)
  • 菊などの栽培農家や、養豚所など(沖縄らしさを感じることができます。但し、いろいろな意味で真っ黒になるかと思います。日焼け注意)

高額収入はやはり色々とハードルがあるのは内地と変わらないです。いや、電車通勤がしにくい(ゆいレール意外の鉄道がない)など考えると沖縄県の方がハードルが高いかもしれませんね。

沖縄県での日々の生活費は?

生活費

それだけ給料が低いというなら、さぞかし物価は安いのだろうという方が多いですが、ビックリ!あまり大阪と変わりません。むしろ、もやしが65円にはぶったまげました。

そんなこと…と思う方もいると思いますが、沖縄タイムスでこんな記事を見つけました。どうぞご覧ください。

東京23区より高い那覇市の食料物価指数 全国県庁所在地で1位 最も賃金安い沖縄でなぜ?

 

那覇市の2015年の食料の消費者物価地域差指数・都市別指数が、都道府県庁所在市で初めて1位になったことが11日分かった。全国平均を100としたときの指数は103.9で、東京都区部より高かった。

 

■輸送コストかさみ

特に生鮮野菜の指数が高く、沖縄県統計課は要因を「県内では夏場、特に葉野菜の収穫量が少なくなり、県外産に頼らざるをえず、輸送コストがかさみ価格が高くなることや、観光客増加で消費量が多くなる影響もあるのではないか」とみている。

地域差指数は、地域間の物価水準の違いをみることを目的に2000年から総務省が集計。那覇市の後に金沢市、東京都区部、松江市と続く。政令指定都市を含めると相模原市が104.5で最も高く、那覇市は2位だった。

那覇市の食料の消費者物価指数は全国平均を上回る水準で推移し増加傾向。14年103.4、13年104.8でともに3位だった。

 

■給与は全国の8割

一方、県内事業所の平均給与は全国の8割の水準で、全国一最低賃金額が低く、最も高い東京都との差が拡大している。県内で物価と賃金が乖離(かいり)し、労働者の生活を圧迫している可能性がある。

貧困や労働問題に詳しい県就職・生活支援パーソナルサポートセンターの濱里正史さんは「物価と賃金のギャップが開き、特に低所得者層が暮らしにくくなっている。復帰後、本土との格差が拡大している可能性があり、実態調査の上で、県は是正に取り組むべきだ」と指摘した。(学芸部・高崎園子)

出典:沖縄タイムス

いかがでしょうか?

私の住む恩納村の家賃は、1LDKで約43000円、2LDKで約50000円、3LDKで約56000円といった所をよく見かけます。

もちろん築年数にもよりますが…

恩納村はリゾート地につき少し他のエリアより家賃は高めですが、大阪や東京より安いと思います。

しかし、それ以外の、食費や各光熱費・ガソリン代などはあまり変わらず、家具や電化製品に関しては輸送費の関係か若干高く感じます。ですので、物価と給料は比例しないように思います。

しかし、私事かもしれませんが、無駄遣いは減りました。化粧品や服を毎月のように買い替えていたのがしなくなり、食べ歩きや買い食いの頻度も圧倒的に減ったと思います。

大阪にいたときは最寄り駅の近くに誘惑がたくさんあり、歩ける範囲でいろいろなものを手にできたのに比べ、沖縄は基本的に車が必須。車でわざわざ行くほどでもないかな?という思いから無駄遣いが減ったような気がします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

沖縄に住み、ただ生活するだけでしたらそこまで困らないのかもしれませんが、移住者の場合帰省することもあるかと思います。

私も年2回…少なくとも年1回は実家に顔を出そうと思いながら、以前あらゆる職種のページを覗きつつ思案していました。県から一歩出るには必ず飛行機が必要なわけですから、そこでどうしても出費がかさんでしまいます。

周りを海に囲まれているからこそ大変であり、魅力的な沖縄です。せっかく沖縄に来たのにイメージ違いと帰ってしまうのは勿体ない。移住前から少しずつ、理想と現実とのギャップを埋めながら、素晴らしい沖縄への移住を成し遂げてくださいね。

沖縄も年々仕事をする上での体制改革や、福利厚生の普及を行っており、事実私が沖縄に来た当初と比べて最低賃金が30円UPしました。求人でよく見る金額も上がってきております。労働条件がこれから徐々に良くなっていくのではないかと期待しております。

また、移住事情について書きたいと思います。

プチ移住なんて考え方も参考になります。
▶️ 沖縄には花粉症がないの?!ならば沖縄へプチ移住

LINE@はじめました! サイトに書けないコアな情報を配信しま~す。また、お得なクーポンなども準備中です。是非、お友達に追加してくださいね。 パソコンの方は下記のQRコードから
スマートフォンの方はコチラをクリック
友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄の注目記事を受け取ろう

沖縄のお金事情

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

沖縄県の情報サイトWe-Love沖縄の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
レンタカー

ライター紹介 ライター一覧

SHO

SHO

大阪出身、各地をブラリブラリと周り沖縄へとたどり着きました。
エイサーにて主人と出会い、そのまま移住。

心酔しているのは、コーヒーとスイーツと動物の筋肉

只今、沖縄の自然とデイリーライフを満喫中。
生活は驚きの連続で、数々の体験をお伝え出来たらと思っております。

コメントを残す

*

この人が書いた記事  記事一覧

  • 沖縄のゴールデンウィークの気温は?海水浴は?何を着ていけば?

  • 【沖縄のお金事情】移住の前に理解しよう!

  • 沖縄で山登り・名護岳に登って見ました!

  • 冬の沖縄を楽しむ・大きな生命を感じることのできるホエールウォッチング